マネタイズよりも先にそこに付加価値があるかどうか

独立や起業をすると考えなければならないことがどうやってお金を増やしていくかというマネタイズです。

確かに、こうしたい、という熱意だけでは事業を継続することはできません。

しかし事業の本質(サービスに付加価値があるかどうか)を考えるよりも先にマネタイズを考えると、どんどんブレていき後戻りできなくなる気がしています。

先にマネタイズを考えるとどうなるか

会計業界で考えれば、今までは

  • とにかく顧客を増やす(顧客数ナンバー1!が目標)
  • 顧客数をこなすために安い人件費で無資格者をたくさん雇って仕事してもらう
  • 記帳指導は手間なのでやらずに記帳代行をして高い報酬をもらう

という業態が一般的でした(今でも一般的なのかもしれません)。

確かにこの方法でいけば、マネタイズはしやすいでしょう。

しかし、「顧客に付加価値を与えているかどうか?」という視点で考えたときはどうでしょうか。

顧客がたくさんいればフォロー態勢も弱くなりますし、無資格者が対応することによって不満が出ることもあるでしょう。

それに、本当に顧客に役立ちたいと考えているのであれば記帳代行よりもすべきことは顧客が自力でできるように記帳指導を行うことだと思っています。

自分の会社の数字を管理することができなければ、事業の方向性を管理することもできないからです。

しかし顧客が増え、従業員も大量に抱えこんでしまってからは方向転換はなかなかしづらくなるでしょう。

会計ソフトが与える付加価値とは?

最近、同業者間で会計ソフト(特にクラウド型)について議論する場面がありました。

会計ソフトを作る会社は、税理士を通じてエンドユーザーに売る戦略をとっているところが多いです。

そして従来の会計ソフトは税理士にしか使えないような専門用語だらけのものばかりでした。

そんな中登場したfreeeやMFクラウドなどのクラウド会計ソフトは、エンドユーザーが完結できるソフトとして画期的なものと思われました。

しかし実際は、

  • やはり税理士を通じてエンドユーザーに売ろうとしている
  • 税理士を意識して作っている部分が多々あり、専門用語が多い
  • 操作面に対するヘルプはあるが、根本的な会計知識をエンドユーザーに提供する場面があまりない

様子が見られます。

実際、エンドユーザーが自力でできる仕様にはなっていません。

様々な人を見てきましたが、修正が必要でなかった人を見たことがありません。

これからの会計ソフトが与える付加価値は、

「エンドユーザーが自力で正しい数値を出すことができ、継続して適切に数値管理できること」

だと思います。

間に税理士が必要となってしまっては、今までとあまり変わりありません。(会計ソフトの会社にとってはその方がマネタイズはしやすいのかもしれませんが)

まずはエンドユーザーである個人事業主や起業家の方に付加価値を与えているかどうかが大切です。

付加価値を与えられない仕事はなくなるのが必然

エンドユーザーが自力で会計数値を管理することができれば、記帳代行しかやってこなかった税理士は仕事がなくなる、と言われています。

しかし、時代が変わってテクノロジーが進歩した結果機械が人の仕事を代替したのと同じで、付加価値を与えられなくなった仕事はなくなるのが必然だと思っています。

私は、従来からやっていた税理士の仕事がなくなるのは構わないと思っています。

その分、付加価値を与えられる仕事は何か、を考える余地ができるからです。

前述した会計に関する指導業務はまだまだ付加価値は高いと思っています。

実際に困っているユーザーを何人も見るからです。

ただ、今後はその記帳指導業務さえも機械にとってかわられるかもしれません。

常に税理士が与えることのできる付加価値を考え続ける必要があります。

マネタイズと付加価値のバランスをとる

もちろん付加価値ばかり考えてマネタイズができなければ食べていけません。

特に適切な価格を設定できる能力は必要だと痛感しています。

ただ付加価値を提供する前にマネタイズを考えることは本末転倒だと思っています。

両者のバランスをとっていくことが事業存続には大事ですね。

まとめ

同業者と会計ソフトに関する議論をして、

マネタイズを考える前に

「税理士が与える付加価値は何か?」

「会計ソフトが与える付加価値は何か?」

を考えることの大切さを知りこの記事を書きました。

会計業界に限らずどんな業界でもマネタイズは重要ですが、もっと重要なのはそこに価値があるかどうか、です。

どちらか一方に偏ることなく、両者のバランスをとっていくことが大切だと思っています。


代表プロフィール
事務所の特徴
【税務メニュー】
税務顧問
単発決算・申告
単発税務相談
単発税務メール相談
【コンサルティングメニュー】
クラウド会計導入コンサルティング
自力決算・申告コンサルティング
仮想通貨申告コンサルティング
個別コンサルティング
メールコンサルティング