【非居住者の税務】年の途中から非居住者になった場合の所得税の精算はどうなる?

国内で働いていた会社員、個人事業主が 年の途中から海外支店に出向、海外移住なので非居住者(国内に住所がない人)になった場合の日本における所得税はどのような取り扱いになるのでしょうか。 会社員の場合と、個人事業主の場合で確[…]

【非居住者の税務】従業員と役員とで異なる日本から支払われる給与の源泉所得税の取り扱い

従業員や役員に給与を支払う場合、一定の所得税をあらかじめ徴収します。 これを「源泉徴収」といい、所得税の前払いの扱いとなりますので 年末に過不足額を精算(年末調整)することとなっています。   それでは、海外に[…]

海外在住の人に翻訳の仕事をしてもらったら源泉徴収は必要?著作権の有無がポイント

「海外に住んでいる人に翻訳の仕事をしてもらって、報酬を支払ったのですが、源泉徴収は必要ですか?」 という質問を多く受けています。 源泉徴収とは、あらかじめ一定の税率で計算した税金を収入から差し引く制度のことですが、 日本[…]

海外に行けば課税されない?日本の非居住者の条件「住所」がどこにあるかはどう判定されるか

海外に移住している、又はする予定の方からの相談が増えています。 質問で多いのは、 「日本の税法上、非居住者(日本国内に住所がない人)になるためにはどんな条件があるか」 ということです。 非居住者は日本国内で発生した所得([…]

日本で海外のクラウドソーシングの仕事をした場合、海外で日本のクラウドソーシングの仕事をした場合の税金

会社員の副業として、個人事業の仕事を得る手段として、 クラウドソーシングが人気です。 クラウドソーシングとは、従来のアウトソーシングがインターネットを通じて 行われるようになったものです。 仕事の受発注、納品、報酬支払等[…]

非居住者との取引の課税関係は検討順序(国内法→租税条約)を守りましょう

ここ最近、法人だけでなく個人も国境を越えて活躍される方が増えきています。 日本の会社が、外国在住の日本人(非居住者)に対してサービスの対価を支払うことも珍しくありません。 取引が2国間に及ぶと、課税関係も複雑になります。[…]

海外転勤・出向で自宅を賃貸に出す場合の課税関係と納税管理人の指定

海外転勤が決まった場合、自宅を賃貸に出すことを検討されている方もいるでしょう。 今日は、海外転勤中に自宅を賃貸に出して収入を得た場合の課税関係と、納税管理人の指定について説明します。 海外転勤中は日本国内で発生した所得の[…]

非居住者・外国法人の課税はどう行われる?

日本に住所を持っていない個人、外国で設立された法人は日本国内では限定された課税を受けることになります。 今日はそのような限定された課税を受ける日本に住所を持っていない個人と外国で設立された法人の課税関係の基本を整理したい[…]