NFT(Non-Fungible Token)取引で税金が課されるタイミングは?

Last Updated on 2021年10月27日

2021年から話題となっている、

唯一無二のデジタル資産である

NFT(Non-Fundible Token)の売買で税金が課されるタイミング

解説します。

 

    • NFTの売買で税金が課されるタイミングはいつ?
    • NFTの経費はどんなものがある?
    • NFTの所得区分は?

*2021年10月現在、国税庁から見解は出ておりません。あくまでいち税理士の見解となりますこと、ご了承ください。

*ここで説明しているのは「個人の所得税」です(法人は考慮しておりません)。

NFTの課税タイミング

NFTを暗号資産で購入したとき

「買ったときに課税されるなんて!?」

と思われる方も多いかもしれません。

 

しかし、

「暗号資産で商品(NFT)を購入した」

場合、

「一旦日本円にして、その日本円で商品(NFT)を購入した」

とみなされます。

 

したがって、

ETHでNFTを購入した場合、

ETH購入からNFT購入までに

ETHが値上がりしていたら、

通常の「利確」と同じ状況になるのですね。

例えば、

1ETH = 40万円のときに2ETH(80万円相当)を購入し、

その後1ETH=50万円のときに2ETH(100万円相当)のNFTを

購入した場合には、

その間の値上がり益20万円((50万円 – 40万円) * 2ETH )

が課税対象となります。

 

購入のタイミングはウォレット等の履歴から確認できますので、そのときのレートと合わせて把握しておきましょう。

 

NFTを売却したとき

NFTを売却して、売却益が出ている場合も課税タイミングとなります。

そのときの利益計算は、

NFTの売却額 – NFTの取得価額(いずれも日本円相当)

となりまます。

なお、クリエイターさんがNFTを自分で作って

販売した場合には、売却額がそのまま利益となります。

 

NFTゲームで暗号資産を稼いだ場合

NFTゲームで暗号資産を稼げる場合があります。

例えば、有名なところで言うとAxie Infinityですね。

AXSやSLPという暗号資産が稼げます。

この場合は、

AXSやSLPを稼いだ時点が課税タイミングとなります。

つまり、AXSやSLPを稼いだ時点がわからないと

日本円相当の額が把握できないのですね。

Axie InfinityのSLPの場合、画面を見ても「いつ」稼いだか

が確認できないため(残高のみ表示)、

Excel等で別途管理する必要があると考えられます。

 

NFTの経費はどんなものがある?

NFTの経費には、次のものが考えられます。

これらは、上記で説明した収入から差し引くことができます。

ただし、プライベート兼用である場合には、

合理的な基準(PCであれば利用時間など)で按分する必要があります。

  • 取引のためのGAS代
  • ゲーム内でかかった費用(例:Axie InfinityのBreeding、Scholarshipの費用など)
  • NFT取引を行うためのPC購入費
  • NFT取引を行うための書籍・セミナー代
  • NFTを販売するための画像編集ソフト購入費
  • NFTの販売委託費用

 

NFTの所得区分は?

こちらはまだはっきりとしておりませんが、

  1. 譲渡所得
  2. 事業所得
  3. 雑所得

が候補として挙げられます。

譲渡所得は、コレクション的にNFTを売買する場合、

事業所得は、事業としてNFTを売買する、NFTを作って販売する場合、

雑所得は上記以外(副業など)の場合

が考えられます。

 

参考動画:

税理士である私も、Axie Infinityに挑戦しています。

 

まとめ

NFT(Non-Fungible Token)取引で税金が課されるタイミングを

解説しました。

ご不安な方は、スポット相談をご利用ください。

(オンライン・メールいずれかを利用できます)

スポット相談(オンライン)

スポットメール相談


【代表プロフィール】
【事務所の特徴】
【税務メニュー】
税務顧問
スポット相談(オンライン)
スポット相談(メール)
【コンサルティングメニュー】
申告書作成コンサルティング
クラウド会計導入コンサルティング
個別コンサルティング