freeeの取引更新機能で、経過勘定項目(前払金・前払費用など)の計上を効率的に行う方法

費用・売上は発生(実現)したときに処理をする

会計・税務では、

費用、売上は代金を「払ったとき」「受け取ったとき」に処理するのではなく、

「発生(売上の場合には、実現)したとき」

に処理をします。

 

例えば、12月31日が決算だとして、

その前の12月1日に来年の4/30に発生する費用を支払ったとします。

この場合には、支払ったときには費用とはせずに、「前払金」で処理をします。

ただ、これを手動で処理すると

支払った時、発生した時いずれも仕訳が必要なので手間が増えます。

発生時の仕訳も忘れずに行わなければなりません。

 

クラウド会計のfreeeは、上記の処理を「取引の更新」機能で自動的に行うことができます。

便利な機能ですので是非お試しください。

 

freeeの取引更新機能のやり方

例として、以下のケースを想定します。

【例】決算日は12月31日。12月1日に、来期の4月30日開催のセミナー代金40万円を支払った。

この場合には、

支払った12/1には「前払金」で、発生日の翌年4/30には「研修費」で処理をする必要があります。

手順①支払取引の処理をする

通常の取引と同じように、12/1に支払処理をします。

科目は「前払金」とします。

 

手順②更新処理をする

取引登録が終わると、金額の横に「+更新」ボタンができますのでクリックします。

更新内容が表示されますので、

更新日のところに「発生日」(この場合だと、4月30日)を入力します。

勘定科目には、「費用の科目」(この場合だと、研修費)を入力し、金額を入力の上保存します。

更新が終わると、金額の欄に更新後の残高0が表示されます。

仕訳形式プレビューを確認すると、あらかじめ未来の仕訳(研修費)ができていることがわかります。

このような更新処理を活用することによって、

仕訳漏れ・入力ミスを防ぐことができます。

部分的な更新も可能

前述した例では全額同じ日に更新しましたが、

部分的な更新も可能です。

例えば、先程の例では4/30にセミナーが開催されるということでしたが、

1月、2月、3月、4月に開催されるのであれば、

それぞれに費用を割り振ることができます。

(継続的な費用の前払いの場合には、「前払金」ではなく「前払費用」で処理します)

このように更新処理を各月で追加していき、

費用配分して自動登録することが可能です。

月が多い場合には、

少し大変かもしれません。

そのような方にはアプリも用意されています。

前受/前払入力アプリ | freee アプリストア

その他、売掛金の回収が見込めなくなった取引先について

あらかじめ貸倒れの処理をしておく、

といった使い方も可能です。

 

まとめ

freeeの取引更新機能で、経過勘定項目(前払金・前払費用など)の計上を効率的に行う方法

を紹介しました。

手動で仕訳は大変なので、

前払・前受取引がある方は

参考にしてみてください。


【代表プロフィール】
【事務所の特徴】
【税務メニュー】
税務顧問
単発決算・申告
単発税務相談
単発税務メール相談
【コンサルティングメニュー】
クラウド会計導入コンサルティング
個別コンサルティング