freeeアプリストアとは?おすすめアプリ3選

Last Updated on 2021年9月10日

freeeアプリストアとは

クラウド会計freeeをもっと便利に使いたい、という方にオススメなのがfreeeアプリストアです。

freeeアプリストアとは、外部サービスとの連携、freeeの機能を拡張するアプリが公開されているストアです。

多くが、無料で利用できます。

出典:freeeアプリストア | クラウド会計ソフト freee

 

  • freeeアプリストアは、外部サービスの連携と拡張機能を提供するストア
  • freeeユーザーであれば誰でも利用できる
  • オススメのアプリ3選
  • 開発もできる

利用できる人

freeeのアカウントがある人は誰でも利用することができます。

 

おすすめのアプリ3選

わたしがおすすめするアプリ(今回はfreee拡張アプリ)を3つ紹介したいと思います。

 

前受/前払入力アプリ

前受金、前払金などの経過勘定項目を効率よく処理するためのアプリです。

前受/前払入力アプリ | freeeアプリストア

例えば、年一括払いの売上を、12ヶ月に按分したい場合などです。

この場合は、取引の「更新」機能で行うことが可能です。

以前記事にしました。

freeeの取引更新機能で、経過勘定項目(前払金・前払費用など)の計上を効率的に行う方法

ただ、数が多いとひとつひとつ処理するのが大変です。

そこで、このアプリを使えば金額、発生期間などを指定するだけで自動で金額を按分し、更新の処理をしてくれます。

例えば、1年分の売上12万円を現金で一括で先に受け取ったとします。

アプリ画面で、次のように入力します。(前受しているので、勘定科目は「前受収益」とします)

按分期間と、按分開始月、振替先の科目・税区分を設定します。

これで登録すると、1年分の売上を自動で按分して更新処理してくれます。

年間売上を前受けすることが多い会社には、非常に便利な機能だと思います。

 

Googleスプレッドシート連携アドオン

GoogleスプレッドシートとfreeeをAPIで直接連携して、試算表などのデータをスプレッドシートに書き出すことができるアプリです。

Google スプレッドシート連携アドオン | freeeアプリストア

最初に認証作業などが必要になります。

下記のように、「アドオン」メニューから明細や取引の取得をできるようになります。

freeeのWebページからデータをダウンロードしようとすると一旦csvにしてExcelで開いて・・

と面倒なのですが、こちらはfreeeとスプレッドシートが直接つながっているので瞬時にデータを入手できるのが魅力的です。

データを連携して、そのままグラフに使う、などの方法が考えられます。

月次数値をまとめる際に最適ではないでしょうか。

 

決算サポートアプリ

法人決算前のチェックをしてくれるアプリです。

決算サポートアプリ | freeeアプリストア

例えば同じ月に同じ科目・取引先・似たような金額で登録されたものについて

「重複じゃないですか?」と確認してくれます。

預金残高が合っていない場合も教えてくれます。

固定資産台帳の登録が必要では?というチェックも。

マイナスになっている科目も、アラートがでます。

正直このチェックをしたから安心、とまではいきませんが

顧問税理士のついていない会社、はじめて申告を行う会社などは

役に立つ機能と考えています。

 

開発することも可能

以上はアプリを利用する側ですが、

自分でアプリを作り、freeeアプリストアで販売することもできます。

freee Developers Community | freee Developers Community

プログラミングの知識がある方は、挑戦してみると良いかもしれません。

以前、Googleスプレッドシートと連携してデータを取り出す機能を作ったことがあります。

自社に合わせたアプリが開発ができるのがメリットですね。

freee API利用によるスプレッドシートとの連携を試して感じた効率化の今後

 

まとめ

クラウド会計freeeをもっと便利に使いたい、という方にお勧めがのfreeeアプリストアを紹介しました。

freeeのこのような外部のサービスと積極的に連携していくスタンスが、気に入っています。

是非、お試しください。


【代表プロフィール】
【事務所の特徴】
【税務メニュー】
税務顧問
スポット相談(オンライン)
スポット相談(メール)
【コンサルティングメニュー】
申告書作成コンサルティング
クラウド会計導入コンサルティング
個別コンサルティング