【消費税を支払うフリーランス・会社向け】海外からのインターネットサービスの請求に消費税が表示されていた場合の処理

海外の会社から送られてきた インターネットサービス(電子書籍、ビデオ会議、ストレージサービス等)の請求書に、 消費税(VAT(Value Added Tax)と表記されていることが多いです)が表示されており、 税区分の処[…]

免税事業者のフリーランス・中小企業に影響のある2023年10月から始まるインボイス制度とは?

2019年10月1日より、 消費税の軽減税率と、 税率区分ごとの請求額を記載した区分記載請求書方式 が導入されます。 フリーランス・中小企業にとって、軽減税率8%の対象となる食品等の販売を行っていなければ そこまでこの改[…]

2019年10月の消費税率改正によって導入される「区分記載請求書」の概要と実務上の留意点

2019年10月より、消費税率が8%から10%に変更され、それに伴い軽減税率制度(酒類を除く飲食料品、定期購読契約の新聞について8%が適用される制度)が開始される予定です。 今までは、8%の単一税率であったため、請求書に[…]

対象外?非課税?免税?海外に売り上げた場合の消費税の考え方

海外に取引先があり、消費税の処理に迷う方が多いと思います。 本記事では、 消費税の判定フローチャート 「消費税がかからない」対象外・非課税・免税の違い 海外の取引先に売り上げた場合の消費税 3つを混同してしまうことによる[…]